皮膚科の受診

病院には行きましたか?

1

まずは医師の診断を受けることをおすすめします。「ただの手荒れ、主婦湿疹だ」と思っていても、重症化していたり、もしかしたら別の皮膚疾患だったってこともあるからです。その他の病気が手荒れと同時に出来る場合だってあります。

→別の病気の可能性

ハンドクリームだけでは良くならない場合もあるし、自己流のハンドケアが間違っている場合だってあるかもしれません。専門医である皮膚科医の診断による、症状にあった薬選びやケアを的確に継続することが手荒れを治す近道だと思います。

皮膚科の受診

皮膚科にかかると薬が処方されます。主婦湿疹(手湿疹)の場合ですと一般的に保湿剤(ワセリンなど)、また炎症が強い場合にはステロイド系の外用剤も処方されます。痒みが強い場合には、痒み止めの内服薬が出されることもあります。また、症状に応じてドレニゾンテープなども出されるときがあります。アレルギー検査、顕微鏡で菌の有無を調べることもあります。

※ドレニゾンテープとは
ステロイドが配合される貼り薬。腫れや赤みをすみやかにとり、痒みや痛み等の症状をやわらげます。掻きむしりによる悪化の防止にも有効です。

私の皮膚科受診経験

ole9zOeK主婦湿疹(手湿疹)と初めて診断されてから今までの20年の間に、何度かの引越しがあったり評判のいい病院の噂を聞いたり、通っている皮膚科に不信感を持ったり。また、私の手を治してくれる先生がいるかもしれないと、藁にもすがる思いで何人もの皮膚科の先生に診て頂きました。いわゆる病院を転々とするドクターショッピングですね。しかし、これ!という特別な治療法や、アドバイスも何も頂けないまま、ただ保湿剤とステロイドを処方されて診察は終わり・・・っていう先生がほとんどでした。中には、皮膚疾患の写真がたくさん載った本を開き、延々と写真を見せられ、「で?」って、ツッコミを入れたくなるような先生もいたり。でも、大きな病院に紹介状を書いてくださった先生や他の病気を疑って調べてくれた先生、優しく励ましてくれた先生・・・。

→主婦湿疹体験記で詳しく書いています

もし、まだ病院で診察していないのであれば、受診されることをおすすめします。重症化しないうちに、早めの診察をおすすめします。私がそうでしたから。ステロイドはイヤ!っていうのであれば、先生に相談されたらいいと思います。信頼できる皮膚科との出会いがあればいいですね!

※ドクター・ショッピングとは
病状がよくならないので、かかりつけの医師を次々に替えてしまうこと

ドクターショッピングの注意点、医療機関への上手なかかり方が詳しく書かれています。

→ドクターショッピングをする前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 手荒れ百科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.